<< 逃走中? 電車にはねられ死亡=男性が踏切立ち入る―東京・八王子(時事通信) | main | <ヤエヤマボタル>森に幻想の光 石垣島(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.11 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「みんなで食べよう宮崎の牛」=ライバル産地が応援―生産者経営の焼き肉店・鳥取(時事通信)

 「みんなで食べよう宮崎の牛」―。鳥取県米子市の畜産農家が経営する焼き肉店が6月1日から、これまで扱っていなかった宮崎の牛肉をメニューに登場させる。普段はライバルだが、口蹄(こうてい)疫で苦境に立つ宮崎の生産者にエールを送ることを決めた。
 「同じ生産者として痛いほど気持ちが分かる」と語るのは、鳥取県のブランド牛「大山黒牛」の専門店を経営する西田佳樹さん(38)。西田さんは大山黒牛を約130頭飼育する畜産農家でもある。
 子牛が生まれてから出荷までの約900日間は「牛に幸せに過ごしてもらうよう骨身を削る」日々だ。そうして育てた牛は「消費者が喜ぶおいしい牛になる」という。
 連日の報道で「感染していない地域の牛まで風評被害で売れなくなる可能性」を耳にした。生産者の仲間としてできることはないか。宮崎の牛肉を店で提供することを思い付いた。
 通常は1カ月間で1000人前のコースが売れるが、半分に当たる500人前を宮崎から買い入れる。その分、自分の牛が売れなくなる恐れもあるが、「やってみよう」と踏み切った。
 初回の仕入れ先は宮崎県日南市の牛で30キロ。現地の畜産農家と話した上で選んだ。他の非感染地域からも買っていくという。 

<取材ノート>イモビライザー(毎日新聞)
首相、韓国支持表明へ 哨戒艦沈没犠牲者に献花(産経新聞)
郵政法案の採決 社民連携に自信(産経新聞)
国保組合への補助、有識者から「削減・圧縮に向けた努力を」(医療介護CBニュース)
<菅首相>米大統領と電話協議 普天間、日米合意履行で一致(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.11 Friday
  • -
  • 10:43
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM